スペイン語に慣れる 学習記録6

3ヶ月おきに自分が気が付いた変化について記録しようと学習記録タグを作ったのに前回からもう4ヶ月経ってしまった。

明けましておめでとうございます。

 

4ヶ月前の自分はスペイン語を理解する中でストレスになっている部分をどう解消するのかで悩んでいたようで、

「話す速度が速い」、「ボキャブラリーが少ない」、「文章構造が分からない」、「ニュース等の背景知識が分からない」

の4点が課題と思っていたようです。

4ヶ月も経つと自分で書いているのに全くの他人事にしかみえない…

 

話す速度が速い

解決のためにやっていることは相変わらずyoutubeとラジオをひたすら聞きまくるです。

本当に何を言っているのか分からない動画を聞き続けても効果が薄いような気がしていて、理解出来ない動画と7割ぐらいは分かる動画をmixして聞くようにしている。

何を言っているのか分からない動画でもFillerだけなら覚えて即理解出来るので、案外と赤ちゃんと同じで1単語分かる喜びの繰り返しでしかスキルが向上しないのかもしれません。

理解出来る動画としてはEspañol con JuanやらSmall Town Spanish Teacherといった典型的な学習者向け動画に加えてDana Luciaのようなノンネイティブのvlog系も分かるようになったのでやっと興味のあるコンテンツ選びの時間が減ってきた。

4ヶ月前との一番の変化は2倍速で聴いていても理解度が変わらないところで、2倍速にしようが0.5倍速にしようが聞き取れない単語は聞き取れないし聞き取れる単語は聞き取れるので質よりも量を重視して2倍速で見ることが多くなった。

スペイン語を倍速で聴くなんて日が来るとは思ってなかったので一番嬉しかった変化だった。

丁度タイミングよく「オンライン授業は「2倍速で見ても理解度は下がらない」という研究結果」という記事を昨日見つけて、記事の内容は外国語学習と関係は無い研究だけれど倍速で動画を見る面白さを発見できた期間であったと思います。

 

ボキャブラリーと文章構造

間抜けな話ですがボキャブラリーが向上すると文章構造があまり気にならなくなりました。語彙で推測可能なので。

語彙の増やし方としては遥か昔からの言い伝え通りmy単語帳を作るのが一番。

日本語でよく使う英語をスペイン語に置き換える遊びを今年も延々と繰り返していこうと思います。

 

ニュース等の背景知識が分からない

EL MUNDO誌をオンライン購読して読み続けています。読むしかない。。。

 

今年の遊びはスペイン語で言い換えるのが難しい日本語(とりあえず、仕方ない、etc)を勉強時間以外であっても使わないようにしてみようかなと漠然と考えています。

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。