用途別スペイン語のおすすめオンライン辞書

無料のオンライン辞書サイトは沢山あるのですが、その中で自分がよく使っているサイトを目的別に紹介します。

 

 

西->英 / 英->西 辞書

SpanishDict:https://www.spanishdict.com/

自分が一番よく使う辞書です。

単語の意味に加えて画像が載っている場合が多いので、ニュアンスが分かりやすいです。

英語の意味が分からない時に画像を見て察したり出来るので、実は画像情報が見たくて使っている時も多々あります。(例:extraño)

機能としては意味・例文・活用・音声と一通り揃っています。

 

翻訳可能な単語一覧を見たい

Glosbe : https://app.glosbe.com/

西、英、日の3つに対応していて基本的には翻訳辞書です。

例として西「amor」を検索すると、日本語では48個、英語では39個対応する単語が検索されます。

 

西->西 辞書

Diccionario de la lengua española (Real Academia Española) : https://dle.rae.es/

言わずと知れたスペイン王立アカデミーの公開している辞書なので信頼性が一番あります。

特徴としては単語の説明で使われている単語全てにリンクが貼ってある為、説明文中の単語が分からない場合でもすぐにページに飛べます。

 

西->西(西->英) 辞書を複数見たい

TheFreeDictionary.com(西語版) : https://es.thefreedictionary.com/

沢山の辞書から検索結果を返してくれます。

例として「buscar」を検索すると8個の辞書の検索結果が返されてきます。

西->西辞書の検索結果から順に表示されるので、西->英辞書の検索結果はページ下側に表示されがちです。(スクロールがちょっと大変)

 

動詞の活用だけ知りたい(&広告を見たくない)

Verbix : https://www.verbix.com/

動詞の活用だけであれば、一番最初に紹介した SpanishDictだけで済むのですが如何せん広告が多い…

動詞の原形は分かるけど、活用が分からない時にすぐ調べるのに便利です。

検索ウィンドウに動詞を入力するとポルトガル語やカタラン語も一緒に出てくるので、スペイン語に似た多言語を調べる場合も便利です。

 

スラング or 特定地域で使われている意味を知りたい

AsiHablamos.com : https://www.asihablamos.com/

スペイン語は地域によって単語のパラエティが多くておまけにスラングも豊富なので通常の意味と異なる意味であったりする場合が多々ありますが、そんな時に便利なサイトです。

サイト上部のナビで国別でも検索出来るようになっています。(それでも見つからないことも多いのですが…)

スペインの国のページ : https://www.asihablamos.com/word/pais/es/

 

複数の単語 or 文を纏めて調べたい(python)

調べたい単語が10個もあると一度に全部調べたくなります。そんな時用に。

コードはgitで公開しています。(https://github.com/samsumario/blog_public/tree/main/blog_1439)

 

webブラウザで一気に開く:spanishdict & DEL

pythonではwebbrowserという標準モジュールを使ってブラウザを開けます。

デモはwindowsでchromeを使うケースです。

大抵のオンライン辞書ではurlの検索文字の箇所だけ変えると他の文字検索が出来るのでスクレイピングもしやすいですが今回はブラウザで開くだけです。

(DELはCloudFlareが導入されていてスクレイピングがとてもしずらい…)

SpanishDictの場合は動詞であればconjugateを指定すると活用タブが直接開けるので、試しに翻訳と活用の2ページを同時に開いています。

 

deep-translatorで翻訳

ライブラリリンク:https://pypi.org/project/deep-translator/

辞書を探していると一度は見たことがあるようなサービス9個を纏めて使える便利なライブラリです。

インストールは例によってpipでインストール可能です。

pip install deep-translator

使い方は簡単で、importしたモジュールの引数に検索元の言語と翻訳先の言語を入れるだけ。

英語->スペイン語であれば source=’en’、target=’es’とします。(スペイン語->英語であれば逆)

apiの制限の関係などあるので、一度翻訳を実行したら2sec待つようにしてあります。

実行結果は下記。

google result : Mira
google result : correr
google result : de nuevo
MyMemory result : cerradura
MyMemory result : run
MyMemory result : otra vez

google翻訳とMyMemory翻訳で結構差があります。

 

wiki検索

ライブラリリンク:https://pypi.org/project/wikipedia/

wikipediaの検索がpythonで出来るライブラリです。

インストール方法は同じく

pip install wikipedia

デモでやっていることは、

1.言語設定をスペイン語にする / wiki.set_lang(“es”)

2.単語検索する / wiki.search(word)

3.検索結果を表示 / print(“result list : {} “.format(result))

4.一番最初にヒットしたページの情報を取得 / wiki.page(result[0] , auto_suggest=False)

5.ページのタイトルとURLを取得 / page.url , page.title

6.検索ページのサマリーを取得 / wiki.summary(result[0] , auto_suggest=False)

7.エラー処理 / except wiki.DisambiguationError as e

です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。